楽しくいこう!

--/--/--(--)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/18(Tue)

リズ、アメリカへ


前回からの続きです。(前のお話は「リズ、7歳。」

沖縄を離れた私たちが向かったのはアメリカの東側。
リズも一緒の大移動でした。

近所をお散歩中にブランコに乗って大喜びのリズ。
05-7-13.jpg
この時、リズさん10歳でした。
今よりずっと痩せてますね(笑)


この年の夏、我が家に新しい家族が増えたんです。
10-5-17-1.jpg
Birdie(バーディ)と名付けたアメリカンロビンの雛。
助手が玄関先に落ちてるのを見つけて保護しました。

結局、この鳥さんを野性に帰す前に助手がふんずけるというアクシデントで
残念ながらお星様になってしまいました。
今でも助手と私の中では辛い悲しい思い出です。
このBirdieのお話はまた別に記事にしたいと思っています。



翌年、リズが11歳の時に避妊手術をしました。
元々リズは体が大きかった事もあって交配しようと思ってたんです。
何度か交配したんですが、妊娠せず。
想像妊娠までしちゃって、お腹が大きくなってしまったんですよ~。
プレッシャーだったね。ごめんね。
それから交配は諦めたんですが、避妊手術はしてなかったんです。

11歳になったこの頃はすでにヒートもあがってしまって出血も無く、
このまま自然のままにしておこうかと思ってたんですが・・・

なぜか胸騒ぎ。

リズの避妊手術をしなくちゃ!と強く思ったんです。
そして手術を受ける事にしました。

リズの手術が終わって迎えに行った時にドクターに言われたんです。

子宮が4倍にも腫れあがっていて、あと1ヶ月遅かったら命も危なかったと。

よかった~よかった~。
どうしても避妊手術しなくちゃって思った感が当たってよかったー(TωT)

リズもきっと辛かったと思う。
でも言えないからね、我慢してたんだよね。耐えてたんだよね、痛みに。


ほっとしたのもつかの間。
なんと今度は便秘になっちゃった。
術後の傷がそうとう痛かったみたいで、ウンチングスタイルになっては
ヒィ~ヒィ~泣き叫んでやめちゃうんです(>△<)

最後は病院で浣腸して出してもらいましたけどね~。
ウンチをやわらかくする薬をご飯に混ぜたりして、
術後1ヶ月は大変でした。

やっぱり高齢での手術って負担も大きいですね。


この当時仲良しだったプードルちゃんとリズ。
10-5-17-10.jpg
このプードルちゃんはリズより一つ年上の12歳でした。
この年の冬にお星様になっちゃったんですけど。
高齢者同士とっても良い関係でした。
思い出の1枚です。




そしてリズのお話はまだまだ続く。





応援ポチよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

COMMENT


管理者にだけ表示を許可する

COMMENT

No title

いや~mimiさんの野生の勘が冴えていて命拾いだったんですね!「子宮蓄膿症」とかだったのかしら??
高齢での手術、麻酔はリスクが大きいけれど、待ったなしの状況ってありますもの。よくぞ、無事に回復しましたね。

バーディさんの事も教えてくださいね。
最後を考えると辛い思い出かもしれませんが・・・・;;
リズちゃんとの2ショット、いい感じです。ワンコと鳥の間柄に興味津々です。

No title

リズちゃん、大変だったのですね。
避妊手術のタイミングを逃さなくて本当によかったです。
11年ものお付き合いで、きっとリズちゃんの体から
危険信号が出ていたのを感じられたのはないでしょうか。

術後も乗り越えて今はワンコめしをもりもり元気に食べられる
リズちゃんを見られるのがうれしいですね。
これからもずっと元気でいてもらわないと!^^*

No title

リズちゃん、そんなことがあったんですねぇ。
というか、凄いわ。
東京に沖縄にアメリカ!
考えただけで、あわわわわ~です(苦笑)
でもmimiさんのその胸騒ぎ。
それがリズちゃんの命を繋げたんですね。
術後も大変だったようですが、元気になって良かった!
頑張ったね、リズちゃん。
もちろんmimiさんも!

ちびリズちゃん、今より黒くてびっくりしちゃいました~(笑)
やっぱりにゃんこもわんこも、ちびっこの頃から色柄って
変わるものなんですねぇ。

★☆★お返事です★☆★

ほんなあほなさん

こういう直感は信じた方がいいんだなと強く思った出来事でした。
病名を聞いたはずだと思うんですけどね~。
4倍に晴れてて1ヶ月遅ければって事だけを鮮明に覚えていて、
後の事は一切覚えてないんですよ~。
気が動転してたんでしょうね(笑)

バーディのお話も少しずつ記事にしますね。
最後は辛かったんですけど、そこまではとっても楽しい思い出です!



梅蔵母さん

野生の感なのか?なんだったんでしょうね~。
本当にすごい胸騒ぎだったんですよ。
まさか避妊手術で命拾いするとは思いませんでした。
それを思えば、今こうやって元気でいてくれるのは本当にありがたい事ですよね~。
毎日、ご飯の催促がすごいんですけど(笑)
なにより元気で長生きしててくれる事が嬉しいです!



ゆったんさん

リズは私と一緒にずっとあちこち移動生活してるんで、
かわいそうな事してるのかな?と思う時もあるんですけどね。
それでもお互いに離れては生活できない無くてはならない存在ですからね!
手術の間も落ち着かなくて家の中をウロウロしてました。
リズを受け取った時に麻酔でぐったりしてるのが
かわいそうでありながら、ものすごくかわいく感じたのを覚えてます。

ブラックタン(リズの色)の子はチビちゃんの時は黒っぽいんですよ~。
今じゃまゆげの麻呂も消えうせて富士額になっちゃってますけどね((´∀`*))ヶラヶラ

家族紹介


★mimi@管理人(社長秘書)
このBlogの管理人。
ドイツ在住。
動物大好き。
物作り大好き。
お絵かき大好き。




★助手
管理人の夫。
良き理解者。
リズのボス。
意外とおちゃめさん。




★社長
我が家の長男
ずっとリズとマリーちゃんの事を
猫だと思っていたが、
4歳にして犬だった事にやっと気付く。
ネコ大好きなやんちゃ坊主。
マリーちゃんとは良きライバル。





★専務
我が家の次男
女の子に間違われ率100%の男の子。
マリーちゃん大好き♪






★Elizabeth(リズ)
種類:ロングコートチワワ
性別:女の子
生年月日:1995年6月24日
ずんぐりむっくり、巨大チワワ。
とーっても優しいおばあちゃんワンコ。
高齢のため、耳が聞こえません。

リズが来た頃のお話は→こちら

2011年9月5日、16歳2ヶ月12日で
お星様になりました。




★Marie Antoinette
(マリーちゃん)

種類:ロングコートチワワ
性別:女の子
生年月日:2006年9月2日
ちびチワワ 1.5kg
元気いっぱいのおてんば娘。
甘ったれでものすごいヤキモチ妬き。

マリーちゃんが来た頃のお話は→こちら






実家に居るニャンたち


★武蔵
1997年7月18日生まれ。
日本猫。
小柄な男の子(虚勢済み)
うさぎみたいなポンポンしっぽ。
甘ったれの臆病ニャンコ。

武蔵が来た頃のお話は→こちら




★小次郎
MIX
男の子(虚勢済み)
武蔵より一回り大きな茶トラにゃんこ。
ものすごい甘ったれ。
でも好奇心旺盛!

小次郎が来た頃のお話は→こちら

ブログ内検索

Booklog

すくすく育て!

Blog Ranking

ブログランキングに参加中
↓サクッとポチッとな~。
にほんブログ村 犬ブログへ


人気ブログランキングへ

Twitter

Calender

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

Comments

openclose

最近の記事

カテゴリー

MAIL FORM

当ブログはリンクフリーです。
気軽にコメントしてくださいね。
こちらからも遊びに行きます♪

メールはこちらから↓

MAIL FORM

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。